2018年10月15日月曜日

ミクソリディアンから入ろう

今日も他で掲載しているベースレッスンのブログから、、、コピペです

____________



前回のブログで、ドレミファソラシドをツーファイブ進行の中で弾いてみる、という練習方法を紹介致しました。(キーはFでしたね、Fのキーのツーファイブは、Gm7-C7)

今日は、

<ソラシドレミファソというミクソリディアンスケール>

を使う<音感の養い方をメロディ基礎編>


として紹介しておこうと思います。
(はい、、、、これ同じ様な内容をかなり前のブログに書いているかもしれません。)



このミクソリディアンスケール(または簡略化したペントニックスケール)を使う方法は、初心者の方から熟練者の方までレッスンのはじめから取り入れていっています。



では、まずミクソリディアンスケールのポジションです。
今回、キーはCですので、ソラシドレミファという階名が、実音です(ピアノの位置と同じ)

このポジションで弾くと<Gミクソリディアンスケール>になります。



3弦10.12<ソ、ラ>
2弦9.10.12<シ、ド、レ>
1弦9.10.12<ミ、ファ、ソ>

が、ポジションになります。



まずこの運指を弾ける様にゆっくりと音出してしてみてください。

その際に声に出して音程をとるとグッドです。
(音程がなかなか取れない場合は、音の聞き方に慣れるというか、音の聞き方のコツをまず覚えると良いかと思います、これも以前ブログに書いているかもしれません)


ポジションをさらってゆっくりでも弾ける様になりましたら、、、いよいよ和音と合わせます。
今回もyou tubeから、、、





コード進行は、とてもシンプルでC-Fという流れです。(数字で表わすと1-4のコード進行)
(レッスンでは、C-Am-Dm-Gの1-6-2-5でやる事が多いです)



ここで一つポイントは、慣れてきたらですが、、、

コードがCの所は、<アボイドノート>というのがあります。
どの音かと言うと、、、<1弦10フレットのファ>です。

アボイドとは、避けた方が良い音なので、、、


Cの所では、この<ファは弾かない様に>練習します。





Fは、アボイドノートがありませんので、ミクソリディアンスケール全音弾けます。




レッスンでは、スケールの使い方など特にベースだけをやってこられた方などですと中々、触れてこなかった部分をなるべくはじめから取り入れています。

音楽的な素養というか感覚を覚えて行くための基礎練習として。



ベースの弾き方ももちろんなのですが、、、

音の聞き方、体を使うリズムの取り方、、、拍の数え方、、、

こうした所って実は、習わないと分からない、見落とし所だと思います。




ブログだと色々と難しいと感じるかもしれませんが、、、
実際に音を出しながらですと、理解も早まるかもしれません。

ベースをはじめたての初心者の方でも触れて行ける内容を心がけておりますので、、

気になりましたお気軽に体験レッスンへとお進み下さい。



(追記////いやぁ、、、しかし寒くなってきましたね、、、

はい、、、お気付きの方もいらっしゃるかもしれません、、、このミクソリディアンスケールは、、、ドレミファソラシドをただ、、、ソの音からソまで弾いているだけなんです。ドレミファソラシドは、メジャースケールとかイオニアンスケールと呼ぶのですが、、、はじめる場所が違うと同じ音使いでも名前が変わります、、、なぜそんな必要があるのか、、、それはまた追々///気になる方は、検索検索!笑)



0 件のコメント:

コメントを投稿