2018年2月26日月曜日

ジャズへの憧れ

音楽の能力で何か一つ貰えるとしたら、、

自分は、ジャズミュージシャンになりたい、そのために必要なものを、、、
とそう求めるでしょう。(お金や幸福よりも、、、)

と最近、心底ジャズ(様々なスタイルで)がやりたくなっております。

けれどもかなりの練習、反復と維持を必要としますし、、、
練習した上で音感もある程度、必要です。

もちろん養われて来る部分もあると思いますが、、、
もともと音楽的な才能は、持ち合わせていない私なのでとても色々な意味でハードルが高いです。

ジョーパスの様にギターを弾いてみたい、ビルエバンスの様な和音を展開してみたい、、、パーカーの様なつねに全快でコードの中を行き来してみたい、、、

音楽で人と会話してみたい、、、、

といった所が、今のジャズに対するイメージです。



ただもう一つ思います。
それは今のままでもとても感謝するべき事がたくさんあって、、、一つとして


全く音楽の出来る賜物というかギフトはない自分が、、、

それでもこんな風にジャズを覗き込む事が出来、ブログに書けたと言う事実。


これはこれで、、、グラミー賞ものです(笑)



Joe Pass - Satin Doll



0 件のコメント:

コメントを投稿