2018年10月15日月曜日

ミクソリディアンから入ろう

今日も他で掲載しているベースレッスンのブログから、、、コピペです

____________



前回のブログで、ドレミファソラシドをツーファイブ進行の中で弾いてみる、という練習方法を紹介致しました。(キーはFでしたね、Fのキーのツーファイブは、Gm7-C7)

今日は、

<ソラシドレミファソというミクソリディアンスケール>

を使う<音感の養い方をメロディ基礎編>


として紹介しておこうと思います。
(はい、、、、これ同じ様な内容をかなり前のブログに書いているかもしれません。)



このミクソリディアンスケール(または簡略化したペントニックスケール)を使う方法は、初心者の方から熟練者の方までレッスンのはじめから取り入れていっています。



では、まずミクソリディアンスケールのポジションです。
今回、キーはCですので、ソラシドレミファという階名が、実音です(ピアノの位置と同じ)

このポジションで弾くと<Gミクソリディアンスケール>になります。



3弦10.12<ソ、ラ>
2弦9.10.12<シ、ド、レ>
1弦9.10.12<ミ、ファ、ソ>

が、ポジションになります。



まずこの運指を弾ける様にゆっくりと音出してしてみてください。

その際に声に出して音程をとるとグッドです。
(音程がなかなか取れない場合は、音の聞き方に慣れるというか、音の聞き方のコツをまず覚えると良いかと思います、これも以前ブログに書いているかもしれません)


ポジションをさらってゆっくりでも弾ける様になりましたら、、、いよいよ和音と合わせます。
今回もyou tubeから、、、





コード進行は、とてもシンプルでC-Fという流れです。(数字で表わすと1-4のコード進行)
(レッスンでは、C-Am-Dm-Gの1-6-2-5でやる事が多いです)



ここで一つポイントは、慣れてきたらですが、、、

コードがCの所は、<アボイドノート>というのがあります。
どの音かと言うと、、、<1弦10フレットのファ>です。

アボイドとは、避けた方が良い音なので、、、


Cの所では、この<ファは弾かない様に>練習します。





Fは、アボイドノートがありませんので、ミクソリディアンスケール全音弾けます。




レッスンでは、スケールの使い方など特にベースだけをやってこられた方などですと中々、触れてこなかった部分をなるべくはじめから取り入れています。

音楽的な素養というか感覚を覚えて行くための基礎練習として。



ベースの弾き方ももちろんなのですが、、、

音の聞き方、体を使うリズムの取り方、、、拍の数え方、、、

こうした所って実は、習わないと分からない、見落とし所だと思います。




ブログだと色々と難しいと感じるかもしれませんが、、、
実際に音を出しながらですと、理解も早まるかもしれません。

ベースをはじめたての初心者の方でも触れて行ける内容を心がけておりますので、、

気になりましたお気軽に体験レッスンへとお進み下さい。



(追記////いやぁ、、、しかし寒くなってきましたね、、、

はい、、、お気付きの方もいらっしゃるかもしれません、、、このミクソリディアンスケールは、、、ドレミファソラシドをただ、、、ソの音からソまで弾いているだけなんです。ドレミファソラシドは、メジャースケールとかイオニアンスケールと呼ぶのですが、、、はじめる場所が違うと同じ音使いでも名前が変わります、、、なぜそんな必要があるのか、、、それはまた追々///気になる方は、検索検索!笑)



2018年10月5日金曜日

ツーファイブ練習の基礎

他で掲載しているレッスンハウトゥをこちらにも転載しておきます。
ツーファイブ練習の基礎的な所です。

とくにロックやポップスなどをやっていてジャズ系に入っていくための基礎的な所かと思います。


---------

今日は、いわゆるツーファイブ進行の練習の仕方です。

練習と言いましても、、、バッキングの方からではなく、、、メロディ感覚を養う方法です。

ブログだと難しく感じてしまうかもしれませんが、実際にレッスンでやってみればそれほど難しくないと思います。


ベーシストは、概ねバッキングでのベースラインを練習するのですけれど、、、



自分の提供しているレッスンでは、どちらかと言うと、コードやメロディ、スケールの作られ方を説明して、、、<音楽的な素養>をつけて頂く、という内容が多いです。




そうする事で楽器を転向しても対応しやすくなりますし、、、
ベースという楽器自体を音楽の一部だと考えていければ、、、

<バンドでもソロでも歌ものでもインストでも>--幅広く対応出来る--様になるかと思っています。

1.2年とレッスンを受けられていくと幅の広さからどこか集中的にのびてくる部分が出てくるので、、、

そこからまたベースなり音楽なりを探求していってくださればと、、、。






はい、、、前段が長くなりましたが、、、


ツーファイブ進行時の基礎練習に入ります。
よくツーファイブフレーズ集とか売られていて、、、そのフレージングをコピーするという練習方法が紹介されていますが、、、いきなりそれは結構、ハードルが高いです。

覚える練習になってしまうからだと思います。



たくさんのフレーズを覚えるのは、まず基礎をしっかりと体になじませておく事が必要になります。

じゃぁ、何をやるのか、基礎とは何か、、、と言うと、、、、


メジャースケールいわゆる


<ドレミファソラシドをツーファイブ進行に合わせて弾く>


事です。



今日は、キーFを例とします。



Fメジャースケールのポジション

3弦8.10
2弦7.8.10
1弦7.9.10


これを階名で歌いながら弾きます。

3弦8.10<ド、レ>
2弦7.8.10<ミ、ファ、ソ>
1弦7.9.10<ラ、シ、ド>


移動ドという捉え方をしていますので、、、キーのF音をドとしています。
(Fは、実音ではファという事になります)



これを以下のコードの進行に合わせて行きます。(ツーファイブ進行ですね)


Gm7-C7-F-F



フレーズ例としは、、、

Gm7の所でスケールを3弦8からドレミファソラシドと弾ききり、C7の時に1弦9フレットのシを弾きます。
Fの所は、コードトーンで2弦10フレットでのばします。




オケは、

(はじめの4小節F-F-F-C7が入っていますので注意)



この練習でメジャースケールをはめて、、、

<ドレミファソラシドを歌い、ポジションと音程、階名を一致させる>様に練習します。
(ちなみに声でとる音程が音痴でも大丈夫です、だんだんと音程がとれる様になっていきますので)



階名と音程が一致してきましたらポジションを増やしたり(4弦8.10など)アボイドノートを意識したり、、、

はたまたメロディックマイナースケールを入れたり、、、、



レッスンで実際に音を出してながらやっていければ、すぐにジャズぽい!という感覚を体験出来ると思います。


気になりましたらお気軽に体験レッスンをお申し込み下さい。

2018年10月2日火曜日

関心が持てないほどに

レッスンの業務を縮小しております。
家庭事情などがあり遠方まで出向ける機会がへってしまっているため、、、、。

現状、横須賀をメインに湘南地区あたりまでなら、、、という感じで、、
横浜、都内や西湘地区は、基本、お断りさせていただいている。
一応、出張料ありで時間がとれれば、ということにさせていただいてはおりますが。。


今、一番、行きやすく、生徒さんも固まって来ているのが、久里浜のアプローチスタジオでのレッスンです。
(自宅レッスンがこれも使える日が減っており、、、汗)



と、、、そこでこのwebにも生徒募集の要項はあるのですが、、、
新たに一枚ページでも作ろうかと、、、テンプレサイト?的なものを探してみていた。

ミュージシャン、アーティストに特化したサイトもいくつかありました。


ネットをはじめたのは、2000年以前で、、、当時は、ドメインをとり、、、
タグ打ちでサイトを作っていました。

ブログなるものが、で初めて、、、スタイルシートでテンプレかされて、、、
フラッシュやらなんやら、、、、、、、、どんどんと豪華になっていくweb、、、


自分は、ある時から色々なものから断捨離的に離れてしまって、、、
今は、もうテクノロジーについていけない自分、、、

まぁ若くはないというか(笑)



思えば、、、うちの姪っ子たち、4歳と6歳ですが、、、
生まれた時からiPadを触って、、、さらに今は、ウォッチ型の携帯電話もしている。

テレビもデジタル放送は見ていなくて、、、アマゾンの配信を見ていた。

いやぁ、本当に20年後には、世の中のデジタル化、AIによる自動化?もかなりのところまでになっているんでしょうね。


買い物に行ってもセルフレジがかなり導入されていますし、、、、。


言語なんか覚えなくても自動翻訳なんかもスマフォ一つで対応できる日は、遠くなさそうな、、




ああ、、、そう、、、話を戻して、、、WEBを検索していて、、、
テンプレサイトを使ってみようか、と思っていじっていたら、、、

なんというか、そこでも、、もう自分のセンスがいかに古いかを思わされます。

ページがスライドして、、、パッパッとカンタンに説明が出て来たりする。


自身が、すでに関心がなくなっているのもあり、、、
こういうのはどうやっているのか、、とか思いもしないし、、、

関心が持てないほどに、、、現在のテクノロジーがすすんでいるのだなと、、


お読みくださりありがとうございます。。


2018年7月28日土曜日

EAD10(ドラム機材)

この週末、台風と言う事で、、祖母が予定より一日早くショーステイに出かけました。
送りをしなくてよくなったので一日、予定があきました。


はい、、、ネット見ていたらドラムの機材でなんだかとても便利そうな物が出ていたのでご紹介がてら、、、

YAMAHAのEAD10というツール。
アコースティックドラムにつなげると簡単に録音が出来て、、、
さらに音を加工したり、、、iOSのアプリでまたさらに色々と出来るらしい、、
動画にしてそのままアップなんてことも。。




少し前にもYAMAHAのセッションケーキというとても便利そうなツールにびっくりしましたが、、、。


何が言いたいのかと言うと、、、

テクノロジーの進歩でそれに合わせて自分が感じ得なかった様なツールがたくさん出てきていて、、、、

そういえば、自動運転のタクシーの試験走行なんかもはじまったとか、、、


しかしながら、、、そういったテクノロジーがありつつも、、、やはり自然の脅威というか、、地球にはかなわない人間でもあったりと、、、。


20-21世紀というの時間の流れとは人類歴史の中でももっとも速い時間なのかも。。



お読みくださりどうもありがとうございます。



2018年7月14日土曜日

はじめてのCD−R

ベースを教わっていた先生のぼうや(アシスタントというか、、、バンド用語でいう所のローディ)をさせて貰っていた頃、その日のレコーディングの音源を貰ってきたりしていたのですが、、、

久しぶりにいくつかの音源を聞いてみた。
(CDになっている物で、、、)

やはり当時よりは細かい所までよく聞ける様にはなっている。


思えば、自分がぼうやをさせて貰っていたたしか95年頃というのは、まだCD-Rなんてなくて、、、レコスタでラフミックスを貰うのは、テープだったと思う。

そのテープを貰って家で色々と聞き直して勉強させて貰っていました。


そうこしている内にパソコンで個人でも手が届くCD−R(97年頃?)が発売されて、、、実売7.8万ぐらいだった、、、

数年後にはMP3、MP3プレイヤーとテープやMDという音楽メディアはすたれていきました。



そうそう、、、実は、今月から家庭の都合でなかなか遠出が出来にくくなり、また予定もたてにくくなりました。

しばらくしたら落ち着くかとは思いますが、、、

やや遠方の新規レッスン受付は、しばらくお休みにさせて頂きました。

横浜方面までは出かけていましたが、基本、自分の最寄り駅、または湘南地区、海方面のみとさせて頂いております。


また自宅レッスンも夏時期は、ちょっと減らしています。
(スタジオ使用は可)


はい、、やや無理くり、、、久しぶりに更新させて頂きました。。


お読み下さりどうもありがとうございます。

たしかはじめて買ったCD−R、、、FW仕様のがいまだに我が家においてあります。


2018年6月4日月曜日

離れている世界

日曜日、セッションに行ってきました。
もう半年ぐらいになりますか、、、定期的に集まって音出ししているという形のジャムセッションです。

セッションとはいってもメンバーはほぼ固定でサークル的ではなくバンド形式に近いもの。。

曲は、多岐にわたっていて、、、今回は、Fジャズブルース系が入っておりました。

いやぁ、、、難しい。

もちろん難しく考える事はなく、出てきたビート感で弾ききるしかないのですけれど、、、

エレベで4ビートって、、、

まずは、、スイング感があって、、それで音の長さ、音色の調整、、、安定感、、、、

そうしたテクニックとセンスが問われる、、、という部分と、、、
しかしながら圧倒的なグルーブ感というか、説得力があれば、それでokな部分もある。


練習をしていなかったのはかなり影響していますけど、、、録音聞いて、、、やっぱりうまくは弾けていない、、、、

、、、4ビートのタイム感、それを演奏表現する技術、、、うーむ。



ビート感が固定出来てきたら、今度は、曲を覚えるというか、しかも感覚的に覚える、、、というか、、、

とにもかくにもものすごく弾いて、さらに維持、継続してかないと、、、とりわけジャズのスイング感、4ビートというのは、、、すぐにどこかへ飛んで行ってしまいます。。


まぁそれだけ、、、自分から離れている世界です。

いやいや、、、元々が、決して音楽全般に秀でた何かを持っている自分ではないので、、、、


はい、、、だからこそ(自分も音楽が苦手だからこそ)教られる(エレベ講師として)という部分はあるのですけれど、、、。



お読み下さりどうもありがとうございます。


お手本、、、

Natalie Cole - Route 66


2018年5月29日火曜日

何を思って

ここ一ヶ月ぐらい楽器を弾けていない。
ちょっと心が折れているのかも、、、。

もちろんレッスンはいつも通りさせて貰っています。


そんな中、チャーリーパーカーを少し聞いた。

バイブル的なダイヤル版というのとサヴォイレコーディング。

サンプルなので数十秒ですが、、、

まぁ、その音を聞きながら、、、この人(チャーリーパーカー)は、、、何を思ってこんなプレイ(作曲から音色、色々な面を含めて)をしているのかと、、

音楽という視点だけでなく、、、この世を生かされ生きているという宗教、哲学的な部分からも、、、

なんとなく思わされていた。


だからどうした、、、という所ですけど(笑)



Charlie Parker - Bird The Savoy Recordings ( Full Album )



お読み下さりありがとうございます。

2018年5月2日水曜日

ドゥーダッ

大型連休です。

普段とは違う車の流れでなんとなく調子がいまいちというか(笑)

そう、最近、フレットレスベースばかり弾いていました。
そこで一つ、気づいたのですが、指が自分は短いので、、、
なんともしんどい。ピアニストの様に指と指の間を手術して広げられる様にしないとなかなか難しいかも。

もしくは、ネックが小さめのフレットレスを探すか。

今使っているのは、ジャコパスモデルで、ネックがプレベになっています。
ですので立て幅が広いのでそれもあるかもですけど。


ジャズ系を引き続き、少し練習していますが、、、どうにもこうにもやっぱりスイング感というのはとても難しい

そこを維持しながらソロをとるって、やっぱり相当な練習が必要。

8ビートなリズムならまぁなんとかコードトーン&テンション程度なら追える様にはなってきましたが、、、。


ジャズのスイング、ハネってとっても技術が必要だという事も分かりました。
シャッフルだと均等で良い感じですが、、4ビート(ジャズ)だとそうはいかない、、、みたいな。

とにかくスイングなんですよね。
ドゥーダッ、ドゥーダッ、、みたいな、、、最後を強調しつつ、、、それでいてレガートで、、、。


はい、、、先月末、月1恒例となっているセッションをしてきました。
その中の一曲、ドゥービーブラザーズのコピー。


180428What A Fool Believes 


いやはや、、自分のプレイ、、、

なんともノリのないベースでございます。
メリハリもないし、歌心もないなぁ。。。

Bメロ部分は長めの音符だと分かっていますが、あえてスタッカートで、、、

どうも優等生なベースを目指してしまっている様で、、、歌心やグルーヴ感、新鮮味を失いつつあるプレイになってきています。


ちなみに目指すベースのスタイルはこれです。。
音色や雰囲気もこんなベースを弾いてみたい。






2018年4月8日日曜日

負傷・・・汗

金、土とドナリーをそうですね、、、1.2時間練習しました。

そうしたら左手小指がはれてしまって、、、軽い炎症ですかね。

今日は、あまり弾かないで休んだのですが、、、この繰り返しでやっと弾ける様になるんでしょうか、、、

、、、自分のベースの弦高が高いのかも、、、、。





出来れば、200ぐらいのテンポで弾けるぐらいにはしたいのですけど、、、遠いなぁ・・・。


こんな高速なのは、、、どうやったら弾けるんでしょうね。。
250以上はありますよね、、、




Joe Pass & NHOP



2018年4月6日金曜日

久しぶりに

DonnaLeeを弾いてみよう!
と思い立ち、練習してみました。

20歳ぐらいの頃は、フレット付きで練習した事があり、、、思い出しながら。
教わっていた先生からメロ譜面を貰った覚えが。

いやぁ、、、一時間ぐらい練習してこんな感じです。

はじめと中の三連音符に勢いをつけるのがポイントだという所まで発見したので、、、
もうちょっと練習してみようと思います。

スローのカラオケに合わせていますが、カラオケはムービーに入れないので、、、裸ベースです。

テンポによってスイング具合がだいぶ変わるので、、、適当な感覚でまずは、弾いてます。


右音声しかありません。

2018年4月2日月曜日

反復練習

日曜日、ベースの生徒さんがやっているバンド。
ベースとドラムでのレッスンをしてきました。

同期を使ってのオリジナル曲。

リズム隊だけでかなり練習をされているという事で、、、
グルーブ感、音色等々、作り込まれていた。


そこでまず思うのは、、、様々な機材の進歩というか、、、

色々な意味で生音が良い。

自分も曲を作ってバンドでもやりたいなぁ、と少し思わされつつも、、、
なんだかんだそうした事はやっぱり出来ないだろう、、、と帰り道で思い直しつつ。



帰ってきて、、、ベースの練習を少し。

いわゆる2-5-1でのアドリブ。
どうしても自分のイメージする音楽的なアドリブが出来ない。

譜面など書いたり、コピーを地道にやらないと身に付かないですかね。


同時に、、、限界ではない限界を感じてしまう自分もいる。


同じ曲を何度も何度もやる様なジャズセッション練習をさせて貰うのが良いかもしれないなぁ、、、

自分一人だと怠けるし、、、

が、どうしてもジャズセッションになると、、、なるべく多くの曲をという感じになっていくので、、、


また、、、そうした1.2曲を反復練習してもいいよ、という仲間うちはなかなか見つからないかも。。。

募集してみようかな。。。





2018年3月28日水曜日

メロディアスなアドリブ

自分は、4弦のベースをメインに弾いています。

メロディアスなアドリブ、起承転結のあるソロ展開、、、

それがいかに難しいのかというのを感じています。

いくつかスケールの理解も深まってきて、、、
たとえばメロディックマイナーを用いてテンションをつかったフレーズも少しは入れられる様になりました。


でも根本的にメロディアスにコードをまたいで歌う、とうのはまだまだとっても遠くです。

ゆっくりなコード進行のバラードであれば、コードトーンをなぞるだけでもそれっぽくなる場合もありますが、、、

スタンダードジャズの代表的な物でも、、、メロディアスな展開や起承転結を感じさせるソロは難しいです。

コンディミやあと各スケールをもうそれこそものすごく練習して弾き歌いがスッーと出来る様にならないとですよね、、、、



しかしそこまで反復して練習する根気や情熱はもうないというか、、、
もともと音程を聞き分ける耳がないので、、とても大変な作業になってきます。



これからベースをやろう!
とか、、、
音楽でやっていきたい!

と思っている方、、、是非、かりに苦手でも音楽を作る力や組み立てる部分も学んで見てください。

自分のレッスンでは、自分が苦手だった分、そうした力がついていく様な方法を取り入れていますので、ご興味おありの方は、下記まで、、お気軽にアクセス下さい。
withyou531@gmail.com

またバンドのリズム隊のレッスン、バンドやアーティスト含むまるごとのレッスンもお受け致しますのお問い合わせ下さいね。

2018年3月22日木曜日

ベースは速めに

グルーブ感について書いてみたいと思います。

ジャコパスの演奏で有名になったとも言えるチキンという楽曲があります。




この曲を演奏してみて分かってきたのは、後ろに引っ張る感覚でスピード感も維持して弾くというのが、、、一つポイントかなと。。

決めの部分なんかを聞いてみると、とっても後ろに引っ張られている様にも感じます。

他のプレイヤーの演奏なんかだと、きっちりジャスト気味にどうしてもなっている様に思いますが、、、ジャコは、独特のスイング感といいましょうか、、、そんな所がありますね。



それと最近、やっと4ビートでベースは速めに弾く、という事の意味が少し飲み込めた気がしています。

それは、、、

速く弾く、というより、、、頭の中でフレージングを早めに考えている、という感じなのかもしれません。

フレージングといっても4ビートなので次の一音は、

音を出すより早く、自分の中では音を出している


という具合にして弾いてみると、、、


かなり雰囲気が、4ビートになる、、、と感じたのです。







2018年3月18日日曜日

セッション&SessionCake

今日は、昨年末から続いているスタジオセッションに行ってきました。
ネットで集まってこられた方々で、、、みなさん気さくで寛容な方々、本当に感謝なひとときでした。








自分は、そうですね、正味7.8年前から人と交わる事が(人前で演奏する事も)かなり少なくなってきたので(ここ数年に至ってはほぼ全てのオファーを断ってきたので)、、、終わった後のお茶やお話なども、、、コミニュケーションの学びになっています。

(講師業のスキルアップのためも含めて会話の受容感、意思疎通などの学びとでも言いましょうか)

いやぁ、しかしながら人との距離感というか、接し方とか、、、その感覚は本当にどこか行ってしまっていて、、、

あと年をとったせいか、、、それとも講師業オンリーになってからもう7年ぐらいで、、、現役感(ベースプレイヤーとしての)がうすれているせいか、、、

曲構成打ち合わせなどを飲み込めなかったり、、、


バラードも演奏したのですが、、、コードや進行を覚えきれてなかったり、、、
(これは、譜面を書かないで覚えている事とジャズ系の学びをしているので曲の覚え方に変化があるのもあります)


自分はお恥ずかしい話、音階感がほとんどない人間でして、、、
つまりドを弾いているのかソを弾いているのか、という絶対音感はもとより相対音感もかなり弱く、、、
ベースラインのコピーも何度も聞いてやっと、、ああ、、この音かな、、という感じでやっています。



その音階感のなさがあるからなのか、、、なぜかピッチ感みたいなのが、気になる様になってきました。
ここち良い音程感が捉えられる様になればフレットレスももうちょっと音程が良くなるかなぁ、なんて思いつつも。

ただ、、、あっているかはもちろん自信はありません、

オケと合わせても、、、細かいピッチより相対的なピッチ感の方が、フレットレスで曲を弾くには重要な気もします。

やっぱりメロディーを練習しないとかなぁ、、、、。






そうそう、、、練習用に持ち運び可能なセッショントレーナーやらトレーニングマシンを探していましたら、、、
(機材部屋は都合により妹と兼用で練習したい時に出来なかったりが最近は、多い)

YAMAHAのSessionCakeというのが良さそうです。

ZOOMのマルチエフェクターでもAUXが使える様なのでそれでもいいのですが。




しかしテクノロジーはすごい。

学生の時に先生が言っていた、、、



生演奏は絶対なくならない、という言葉、、、



なくなる可能性がある、、、、


という気が最近はしてきました。



人間側が、生演奏を求めなくなりAI、ロボットのミュージシャンで十分というそんな思考に変わって行きそう。。



お読み下さりどうもありがとうございます。