2017年2月24日金曜日

ピークを削る<EQ処理>

さきほど車で、このブログを更新しはじめてそれなりに(エンジニア視点?)ミックスを注意深くはじめた物と・・・

プレイヤー視点のみでミックスしていた時のものを偶然にも(なんとなく曲をランダム再生していた・・・)聞き比べ的に聞けたので・・・

そこから思わされた事を・・・


やっぱり前にも更新しましたが、<EQ処理による素材の下ごしらえ>が重要だと思いました。

自分のやり方ですが、アナライザーで同じ様な帯域、またはパートの楽器・・・
ボーカル、ギター、ピアノ・・・等々・・・それぞにEQをさします。


各パートのピーク(一番音が大きくとんがっている場所)をアナライザーでさぐります。

ピークが、各パート(トラック)でアレンジ的に同じ様な例えば、ピアノとギター・・・

またはボーカルやリード楽器とかぶる所、ぶつかっているところをQ幅を狭めてカットしておきます。
Q幅をものすごく小さくすれば極端にカットしても大きく音が変化しては聞こえません。
ミックスしてはじめて分かるというか・・・

液晶モニターのドット落ち的な感覚でしょうか・・
そこを他の楽器で埋めていくというか・・・

(もちろん・・・使っているプラグインの特性やここはカットしすぎると迫力が・・・なども出てきますので経験を積む事でより良くなるかと思われます・・・が・・・はじめは極端にカットをしていくと良いと思います。
ボーカルが1khzを聞かせたければピアノに1khzにピークがないかチェックしてあれば削る・・・と・・・それがアタックの音なのか・・・どういう和音なのか・・・なども考え始めるとよりクリアなミックスが出来るかも・・・)

その後にパートごと音作りのEQを使っていきます。


あれ・・・こんな事前にも・・書いたかなぁ・・・。



さっき聞いたプレイヤー視点のミックスだとそれなりに聞けはするのですが・・・
以前は気にならなかった所が見えてきて・・・ギターとボーカルをもうちょっとよく聞かせられる!

なんて感じたんですね。

これもやっぱり自分で作業をして違いを実感した事によって耳が冴えてきたのかと思います。


というか・・・機材ここではプラグインのEQですが・・・それらが道具として扱えてきたと言う事なのかも・・・。


また・・・ベースのレッスンでもスケールを初心者の方にもスケールをうまく使っていくというやり方ですすめています。

そのやり方も似た様な物があるので・・・・

ベースのレッスンの方法論もミキシングをする上での技術向上につながっている気がしております。


お読みくださりどうもありがとうございます。



2万円程度で買えるWAVESのバンドル・・・↓これいいかも・・・。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
WAVES Gold Native Bundle + SG【★在庫限り特価!】【平日あす楽対応!】
価格:23800円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)







0 件のコメント:

コメントを投稿