2017年1月7日土曜日

ネット事情<世代ギャップ>

ちょっと音楽から離れますが、雑感的なものを・・・。


レッスン動画をアップして・・・ちょっと今さらだけど・・・思った事があります。

レッスンの動画なので、クリックしていくと横に表示される関連性のある動画が、いつもと違ったものも出てきます。

もう様々なレッスン動画があり、プロから・・・初心者の様な方もレッスンやティーチング動画をアップされています。

クオリティも色々・・・。


楽器を持ち始めて少しでも要領がつかめてきたり、また疑問があった時・・・

動画アップをしてみるのもたしかに良い経験になると思うので誰でも腕前、キャリアに関係なく発信していくのは悪くないと自分は思います。



けれども・・・



世の中は、ちょっとした事で評価をしてしまう・・・という事もあるので出来の良い物の方が・・・と思われる方も多い方もしれませんが・・・。

自分は、アップすれば誰かしらがみてくださって必要になる事もあると思うし・・・

何かのヒント、刺激になれば良いと思っていますので少しずつでも今後アップ出来ればと思っております。


と・・・・前置きが長くなりましたが・・・思った事というのは・・・<世代ギャップ>です。

自分が、パソコン、ネットをはじめた時代は、テレホーダイ、モデムの時で・・・。

まだテキストチャットのソフトもほとんど出ていませんでした。

Macでしたのでwinユーザーよりもそういったコミュケーションアプリの普及も遅かったと思います。

(ヤフチャがあったのかどうか・・・)

当時使えたのは、ベッコアメというプロバイダが提供していた<Pub>というチャットソフト。
参加ユーザーも多くはありませんでしたが、実はそのつながりで音楽の仕事がつながったりも当時しました。

またメンバー募集サイトをよく使っていたのですが・・・(大所帯バンドの計画があって参加したので)まだ掲示板形式のものが少しあっただけでした。

が・・・オンラインのメンボでかれこれ10人ぐらいのメンバーが集まり、プロの方やインディーズで活躍している方、現在も一線でされている方など・・・

なんだかよくもまぁ集まったなぁ・・・という感じでした。


たしか・・・今もある老舗メンボサイトwith9がたち上がりはじめた頃かと思います。


それから数年してMacOs10.2が出て・・・iChatというアプリが付属していました。
AOLのメッセンジャーと互換で・・・そこそこのユーザー数がいました。

自分は、オフ会的な物は、小規模なものを1.2回参加した程度でライトユーザーでしたが・・・そこでバンドの宣伝をしたので・・・

何人かリアルでの交わりを持つ様になった方もおられました。

ライブに来てくれたり、セッションをする様になったり、、またライブを見に行ったり・・・。

またmixiも同じ頃はじまった覚えがあります。
どこにいってもmixiやってる?と聞かれた時代です・・・。
mixiはそれなりに使っていました・・・2009年頃までそこで日記を書いていた様な・・・。
(後にはやるフェィスブックは、自分は少し触って難しいそうなのでやっていません・・・。)



ああ・・・気づけば自分の思い出を書いていますが・・・・



まぁ・・・ネットはそんな位置づけの自分です。

もう一つ書けば、ネットで知り合って恋愛とか結婚なんて、白い目でみられる時代でしたね・・・。

実際に当時1.2回あっただけで結婚した人もいて・・・周りの方が心配しておられました。


と・・・そういう時代からしたら・・・

今の動画をアップしてレッスンを提供する・・・

もしくは・・・

ネットでのコミュケーションが当たり前になっている感覚ってなんだかすごいなぁ・・・と。


そう、ラインも今や普通な様ですし・・・仕事でもプライベートでもラインでの連絡が当間らしいですね・・・。


自分はラインはやっていないので・・・ちょっと分からないのですが。



動画をアップする、そこでしゃべる・・・コンテンツになる。


自分の時は、htmlでwebを立ち上げてはいましたが・・・・。


なんとなくその動画アップが普通・・・という感覚に世代ギャップを感じてしまいました。


が、今の若い世代は、スマホしか使えなくて・・・PCは使えないとも聞いた事がありますし。

うちの60過ぎの母もiPhoneでラインとかゲームとかしていますし・・・・。

まぁまぁ・・・コンピューター、ネットの発展で・・・・
世代ギャップの感覚も様々に生まれてきているなぁ・・・

と・・・そんな事を思ったので・・・書いてみました。


なんだかつまらない雑感におつきあいくださりありがとうございます♪




おまけ・・・今、拾ってきたPubのスクリーンショット・・・win版の様ですが





0 件のコメント:

コメントを投稿