2016年11月21日月曜日

SSDにてびっくり仰天<MacPro2006>

MacPro2006にSSD(ソリッドステートドライブ)を入れてみました。

目的は、まず10.6.8をインストールしてどうも安定していないProtoolsLeを安定動作させる・・・・ということ。

10.5.8では、滞りなく動いているが、airmacカードを認識しない。
10.8.5では、midiがインプット出来ない・・・。

両OSは、ビデオカードを差し替えないと切り替えでは使えない。




ということで・・・その間である10.6.8を・・・

その作業するモチベーションのために(笑)SSDを誕生日プレゼント変わりに購入・・・・


さて・・・とりあえず道具が揃いましたので作業開始。








10.6.3、マウンター、SSD、そして外付けのディスクケース。
ディスクケースは、PowerMacG5にて約10年前に使っていたものでUSB,FW400.800,起動可能という優れもの。




まずは、iMac2007にて10.6.3をインストールする。

その前にSSDをディスクケースに取り付け。





すでに2台HDが、入っていたので上を取り外し、下のもケーブルを外しておく。
そしてSSDを接続、すぐ外すのでビスは止めない。


祖母が、ショートステイに出かけている時は、茶の間のお膳の上にiMacがセッティングされてます・・・自分用に。


新聞紙の上に置かれたiMacへSSDが内蔵されたケースを接続・・・10.6.3インストール開始。

祖母が、2時間後には帰宅するのでそれまでの作業・・・・





インストール、10.6.8へのアップデート、1時間弱ぐらいでしたでしょうか。
完了。



さて次は、MacProへの取り付けです。

SSDドライブのMacPro2006への取り付けには、専用マウンターが必要なようで・・・

「裸族のインナー for PC」 CRIN2535PC

というのを購入、型番違いで対応機種が異なる様なので検索するは、ご注意を。






↓こんな感じになります。






なおドライバーは、写真の様な細いものでないと、SSDをビス止め出来ないので・・・
※というか・・・先はたいがい細いですね・・・汗


と次にMacProへの取り付け・・・MacProは内部へのアクセスが非常に簡単で便利です。














とうことで取り付け完了。


無事に起動しPro toolsLeをインストール。
10.6.8へのPro toolsインストールには、OS標準のショートカットをいくつかオフにしないといけないらしく・・・

システム環境設定からほとんどすべてのショートカットをオフにしました。
よく考えてみるとスクリーンショットぐらいしか使わないので・・・。



Le8..05までアップしてプラグインは、10.8.5から移動。

DIGI002のドライバーはインストールせず、付属のまま。
新しめのドライバーじゃないとスタンドアローンでは使えないのでクイックタイムなどでは再生に利用出来ないが・・・
それでもいいか・・・と。

安定動作が目的なので。


ということで・・・MIDIも無事に動き、ネットも使えて問題なしでした!





とそれよりもなによりも・・・初SSDでしたが・・・


あまりの速さにびっくり仰天



本当にアッ!というまにOSが起動します。




ということでMacProは内蔵ディスク4台フルになり、OSも4つ入っている。

一つ難ありは・・・10.6.8から10.11を起動ディスクに選べないので・・・
10.8.5を経由しないと10.11が起動しないということぐらい。


お読みくださりありがとうございました♪

MIX作業を再開していきたいと思います♪










0 件のコメント:

コメントを投稿