2016年10月17日月曜日

ミックスを始めるに至るまで

約10年ぐらいは、ミックスの作業なんかはしていなく・・・
いえ・・・音楽全般(たまに頼まれていたライブ、REC、それと講師業以外)から離れていたのですが・・・


1年ぐらい前でしょうか、だいぶ前にやったTVアニメのセッションファイルが出てきて・・・・・ちょっとミックスでもしてみるかぁ・・

なんて思いおこしてMacminiとDPのみで作業してみたのがきっかけです。

そして現在、急遽、自宅でのベースレッスンをする事になり、プラス@としてDTMのレッスンもする事になったので・・・勉強もあり・・・環境を整えました。



本当は、ProToolsソフトウェアで教えたいのですが(生徒さんが持っているとのことで)、手持ちの環境だとバージョンが古いものを手に入れないといけないのですが・・・それはもう売っていない。。

古いOSでPt7あたりも考えましたが、結局断念。
(やっぱりOSは新しい方が便利でした・こちらを・・笑)




と・・・・話を戻しましてミックスを久しぶりにやった一年前・・・

仕事でやっていた10年以上前は、wavesなど高品位なプラグインが使えたのでクリエイター的視点でもなんとなく聞き応えのある音が作れました。

が、手持ちではその様なものはないので・・・

DP付属のプラグインだけでミックスをしたんです。


そうしたらなんと・・・かなり良く作れるということに気づきました。
というより・・・ミックスのノウハウを公開しているWEBSiteが多数あり・・・学べたのが大きいです。


確かに音質は、高価なプラグインの方が良いですが・・・付属のプラグインでもそれなりに使えれば十分ミックス出来るんだなぁ・・と。


きっと・・・年を重ねた自分が、これを使えば良いものが出来る!

という形にこだわるスタイルから・・・

ある物をしっかり使い倒す・・・


という成熟を得たのかもしれません。


そうなると面白みが出てきます。



趣味で何かをやる・・・時間の制約を覚えないで楽しめるというのは・・・

感謝なことですね。。







0 件のコメント:

コメントを投稿