2015年5月5日火曜日

初のレコスタ

GWも後半です。
昨日、今日とゆっくりとしていますが、時間はすぐに経ちますね。。


ブログを書いていると、1時間なんかすぐに経過します。
別のブログも書いていて記事をアップしていたら、、、もう昼前です。

ここの記事は、20分もあれば書けると思います。。



さて、はじめていったレコーディングスタジオのお話です。

20歳ぐらいのころでしたでしょうか。
当時、教わってた先生のアシスタントでいきました。
楽器の運搬、弦張りなど付き人的な仕事です。


それなりに大きなスタジオで、まだプロツールスのない時代。

3348というソニーのレコーダーと、SSLの卓。

わたしは、緊張して立ちっぱなしでしたが、若さでしょか、12時間ぐらいでしたが、全然平気でした。

一瞬、一瞬、目の前でおこるミュージシャンの方々のプレイに感激しておりました。



中でも目にとまったのが、レコーディングエンジニアのアシスタントの方。

パンチインアウトが、手動で行われているのですが、、

そのボタンを叩く気合いがすごかった。

後にも先にも、、、アナログのレコーディングスタジオでも・・・あそこまでの気合い?でパンチインアウトをしているエンジニアさんにはであった事がありません。

それだけ、真剣だったんだと思います。


またレコーディングで、エンジニアさんのプレイヤーさんに対する気配りなどは、すごい大切なんだなぁ、と思います。

生の音を録音しなにかを作るのですから、、、レコーディングといってもある種のライブ感を伴うと、、、聞く人にも伝わるのかもしれません。


海外でのレコーディングは、ほとんど一発的な録音の仕方が主流だと聞いたことがあります。






昨今は、機材が発達していて、、、もう人によってやり方は、全然違います。
あまりに多すぎて、、、、機材にしても・・・手法にしても・・・本当に何を選らんでいいのか、、、迷います。

迷ったら、無理しないで今のまま、あるものでこなすというのが、、、原則いいのかなぁ、とも思いますが。



さて、今日は、何をアフェリエイトリンクにしましょうか。。
記事を書いていたら思いつくかなぁ、、、、と思っていたのですが、、、出てきません。

少し考えます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ということで・・・モニタースピーカー・・・迷ったらこれ・・・というのを・・・わたしは、自宅でNS10MSTUDIOという超定番機種を使っていましたが、、、、一時期、ほとんどの機材を手放して今はありません。

現在は、簡易的な機材で済ませておりますが、もし買うなら、、、、というおすすめ機種です。
あれやこれや悩むより、このYAMAHAのでいいんじゃないかと思います♪










0 件のコメント:

コメントを投稿